So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

インドネシアの津波警報システム 機器壊れ機能せず [アメリカ・ヨーロッパ・中国アジア]

前週12日にインドネシア・スマトラ(Sumatra)島沖で発生したマグニチュード(M)8.6の地震の際、活躍したと広く評価された津波警報システムが、実は観測機器が盗難に遭ったり破壊されたりして機能が大きく損なわれていることが、インドネシア国家防災庁の説明で明らかになった。 1億3000万ドル(約104億円)をかけて導入された警報システムには験潮儀やブイ、地震観測機器などが含まれているが、AFPの取材に対し国家防災庁報道官は14日、以前から機器の盗難や破壊行為が問題となっていたと明かした。地震計による警報は機能しているものの、海上に設置したブイ25個のうち現在機能しているのは3個のみで、津波の高さを予測することが不可能となっているという。

被害を最小限に抑えるために高額なお金をかけて設置したにも関わらず、これじゃ~困ってしまいますね・・・[あせあせ(飛び散る汗)]今回は津波による被害が無くて良かったですよね。
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。