So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

航空機内での礼拝はいつする? イスラム教徒の悩み解決するウェブサイト [アフリカ・中東]

敬虔(けいけん)なイスラム教徒にして航空各社の常客、ビジネスマンのアブダルハミド・エバンス(Abdalhamid Evans)さんは、空の旅の最中にいつも同じ問題に直面する――いつ祈りを捧げればいいのだろうか?  イスラム教徒は1日5回、特定の時間に礼拝しなければならない。しかし、上空数千メートルでいくつものタイムゾーンを通過する際には、このスケジュールがややこしくなる。「たいてい、機内では祈らない」とエバンスさんはつぶやく。  エバンスさんはロンドン(London)に拠点を置くウェブサイトの設立者。イスラム教の戒律をめぐる世界中の情報を提供するサイトを運営している。 「けれど最近、到着してから埋め合わせをするより、機内で礼拝した方がたぶん良いのではないか、と思うようになった」とエバンスさんはAFPの取材に語った。 ■礼拝時間を算出するウェブサイト  エバンスさんのような旅行者たちを悩ませるこの問題を、新たに開始されたサービスが解決してくれるかもしれない。  シンガポールに拠点を置くクレセントレーティング(Crescentrating)社の開発した「Air Travel Prayer Time Calculator(空の旅での礼拝時間計算機)」は、出発地と到着地や、離着陸の時間、飛行ルートなどのデータを基に、機内で祈りを捧げるべき時間を示してくれる。  クレセントレーティングは、ホテルなど旅行関連の施設がどれほどイスラム教の戒律に対応しているかを採点するサービスを提供してきた企業。時間算出のサービスは4月に開始した。  既存のサービスは地上の現在地に基づいて礼拝時間を提供するものばかりで、上空の機内での礼拝時間を計算するサービスがなかったことから、多くのイスラム教徒たちが妥協せざるをえなかった。 「この問題については、旅行者たちの間にたくさんの不満があったことを知っている。だが、誰も真剣に解決しようとしていなかった」と、クレセントレーティング社のファザル・バハルディーン(Fazal Bahardeen)最高経営責任者(CEO)はAFPのインタビューに語った。  しかしこれからは、イスラム教徒の旅行者たちは旅に出る前にウェブサイトにアクセスして、出発する空港と日時、目的地を入力して、飛行中の礼拝時間を確認することができる。後で確認するために電子メールを送ってもらうことも可能だ。  今後の計画についてファザル氏は、イスラム教徒が祈りを捧げる聖地メッカ(Mecca)のある方角を、航空便の経路情報をもとに表示する携帯端末用アプリを開発したいと語った。
素朴な疑問で以前からどうなのかな?と思っていました[わーい(嬉しい顔)]
スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。