So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

軽度の干ばつがマヤ文明を滅亡させた? [中南米]

研究者らは、長らくマヤ文明は大規模な干ばつで滅亡したと考えてきた。だが メキシコのユカタン科学研究センター(Yucatan Center for Scientific Research)と英サウサンプトン大(University of Southampton)の研究者らは、この干ばつで年間降水量は25%~40%減少したのみと分析した。  降水量が減ると、水源となる貯水池や湖の水が、降雨で補充されるより速く蒸発してしまう。共同研究者のサウサンプトン大のエールコ・ローリング(Eelco Rohling)教授は、データは夏の嵐が少なかったことが、降水量が減った主な原因だった可能性を示していると述べた。 ■軽度の干ばつでも深刻な水不足に  今回の研究は、石筍(せきじゅん、鍾乳洞で滴下した水の含有物が堆積してできた石灰質の突起物)や浅い湖から得た過去の降雨量の変化のデータを基にしたモデルを使い、マヤ文明が衰亡したとされる紀元後800~950年における降水量の減少量を正確に測ろうとする初の試み。  分析の結果、河川がなく雨水に依存していた地域では、軽度の干ばつでも厳しい水不足に陥った可能性があったことが分かった。ローリング教授は、ユカタン半島(Yucatan Peninsula)の低地には河川がなく、夏は主な耕作期であるとともに、水源の水が補充される主な季節でもあったと説明した。  同教授は「何年も続く干ばつが繰り返されたとみられることから、これが主な原因となって深刻な水不足に陥り、社会的混乱と都市の放棄につながったのだろう」と言う。
社会的混乱と都市の放棄で文明が滅亡してしまうこともあるのですね。川があったらマヤ文明は存続してたかも?ということにもなるのですかね?
スポンサードリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。